目次へ

遊びを学びに変えよう!
マインクラフトで子どもも楽しくプログラミング学習!

SNSやYouTubeでもたびたび話題となる『マインクラフト(通称:マイクラ)』。
子どもをお持ちの親御さんはマイクラについてこんな経験ありませんか?

子どもたちから大人気のゲームとして注目されている一方、保護者さんたちからは

「レゴみたいに、ただブロックを積んで建物や町を作るだけのゲームでしょ?」

と思ってないですか?

実は、マイクラは子どもが楽しくプログラミング学習をするのにうってつけのツールでもあるんですよ!

この記事を読めば「マイクラ×プログラミング学習」がばっちりわかりますよ。

目次:

そもそもマイクラってなに?

『マイクラ』って言葉は聞いたことあるものの
「ゲームってこと以外、詳しくわからない」という親御さんも多いのではないでしょうか?

マイクラは正式にはマインクラフト( Minecraft )といいます。発売されたのは2011年。発売されるやいなや、ものの見事に大ヒットゲームへ。

世界で一番売れたゲームとされるあの「テトリス」の累計販売本数1億7000万本を抜いた唯一のゲームなんです!

特に最近では「ヒカキン」やお笑い芸人の「よゐこ」などのYouTubeゲーム実況動画でも話題になりました。
また2020年には全世界ででもっとも視聴されてたYouTubeゲーム実況動画もマインクラフトでした。

いま全世界で話題沸騰のゲーム、それが「マインクラフト」なんです!

マイクラはなんのゲームなの?

これだけの人気を誇るマインクラフト。
それではいったい、何をするゲームなんでしょうか。

マイクラを一言でいうと「なんでも出来るゲーム」です。
レゴのようにブロックを積んで家を作ったり、ゾンビを倒したり、お宝を集めたりと、出来ることをあげだしたらきりがありません・・・!

子どもたちがマイクラにハマる4つの魅力

どうして子どもたちが、これほどまでにマイクラに熱狂しているのか。ここではマイクラの4つの魅力を中心に紹介していきます!

①自由に冒険できる

ゲームには自分が歩いて行ける範囲が予め設定されています。開発者の思いもよらない場所にプレイヤーが行ってしまっても困りますからね。

マイクラはこの「歩いて行ける範囲」がとてつもなく広いです。
その広さなんと「地球8個分」。

しかもその広さ全てに地形や気候が設定されていて、同じ場所は全く存在しないんです。どこに歩いていっても常に新しい世界が広がっています。

またマイクラの世界にはピラミッドや、宝箱、別世界にワープができるポータルなどもあり、子どもたちの冒険心をくすぐるような仕掛けが盛りだくさんです。

なにをするわけでもなく、ただただマイクラの世界を歩くだけでも楽しめる。
それがマインクラフトというゲームの魅力なんです。

②自由に掘れる!

マイクラの世界では目の前に見えるすべてのものを「掘れます」。
木も山も地面も、かたーい岩まで、本当に全部。

また、地面を深く掘っていくとレアなダイヤモンドが見つかってワクワクしたり、突然目の前にマグマが出てきてドキドキしたり。

自分の思うままに、冒険出来ます!

③自由に戦える!

マイクラの世界にはもちろん敵もいます。
ゾンビだったり、弓を射ってくる骸骨のモンスターだったり、目の前に突然現れて爆発するモンスターもいたり。もちろんゲームの主役であるラスボスもある条件を満たすことで現れます。

ただ、マイクラの世界では敵と戦うのも逃げるのも自由。
勝てそうなときにはどんどん戦って、負けそうになったら一目散に逃げる・・・。

そんなドキドキなかけひきもマイクラをプレイしていて楽しいポイントです。

④自由に作れる!

これがマインクラフトの一番の醍醐味。
掘って入手したアイテムをレゴのように積み上げることでいろんなものを作れます。

またクラフトというシステムも魅力的です。
入手したアイテムを組み合わせることで新しい道具を作ったり、魔法の力を手に入れることだって出来ます。

このようにマインクラフトって「なんでも出来るゲーム」なんです!

自分でやりたいこと決めて、作りたい目標を決める。
それが子どもたちの創造性を刺激して、どんどん次のことに挑戦したくなる。

型に、はまらずやりたいことを好きなだけ出来ることがマイクラの魅力なんです!

マイクラでプログラミング学習ができるって本当?

どうでしょうか。ここまででマイクラの『魅力』伝わりましたかね?
「でもマイクラって所詮はゲームで勉強とは違うでしょ?」
と、にわかにまだ信じられない方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

実際の学習風景を動画でご紹介!

文章で説明する前に、まずは実際に動画を見てもらいましょう。

マインクラフトでプログラミングを学ぶ3つのメリット

どうでしょうか?
なんとなくマイクラでプログラミング学習をするってことが想像できましたか?

それでは次は、

「どうしてわざわざマイクラでプログラミング学習をするの?」

といった疑問にお答えしていこうと思います。

①直感的でわかりやすい!

プログラミングというと、よくイメージするのは英語が書かれた真っ黒な画面。
大人が見ても、ギョッとしてしまいますよね。

でもさきほど動画でみたとおり、マイクラでやるプログラミングはブロックをくっつけていくことでプログラミングができちゃいます。
説明もぜんぶ日本語なのでパッとみただけでも、わかりやすいですね。

②セッティングが簡単!

通常、プログラミング学習を始めようとするとプログラムを動かすためのソフトウェアをいくつもインストールする必要があります。
これがかな〜り手間で、この段階で諦める人もチラホラ。

でもマイクラでプログラミング学習をする場合はとっても簡単。

マイクラと専用のプログラミングソフトを連携させるだけ!
初めてプログラミング学習をするお子さんでも簡単にできますよ。

③遊ぶ感覚でプログラミング学習ができる!

最大のメリットはなんと言っても勉強感なく、プログラミング学習が出来ること!

子どもたちはプログラミングを勉強しているという感覚ではなく、遊んでいる感覚!
でも実際は、本格的なプログラミング学習をしているんだから驚きです。
勉強感なく楽しみながら学習が出来るので、集中力や継続力も格段に上がります。


一見するとただのゲームのように見えるマイクラも、プログラミング学習をする上ではこれだけのメリットがあるんです!

また、普段は勉強のことを自分から話したがらないお子さんもマインクラフトの話は大好き。
子どもと盛り上がることの出来る共通の話題づくりとしても活躍しますよ!

今すぐ14日間無料体験をする!

どうして小学生のうちからプログラミングを学ぶ必要があるの?

マイクラでプログラミングを学ぶ3つのメリットがわかってきましたね。ただ、
「でも、うちの子はエンジニアになるわけじゃないしなー」
と思われる方も、もちろんいらっしゃるんじゃないでしょうか。

いま、プログラミングを学ぶべき2つの理由

確かに少し前まではプログラミングは一部のパソコン好きがやるもの、という認識でした。
ただ、実はこれからの子どもたちが活躍する時代はプログラミング的な思考や知識が必須になってくるんです。

その理由をここではわかりやすく2つご紹介します。

①将来の仕事の選択肢が増える!

社会に出ると、ほぼ全ての職場であたりまえのようにパソコンが使われています。
多くの場合はメールやWordやExcelなどでの業務がメインではないでしょうか。

ただ、デジタル化がさらに進行していくことでデータの統計やAI・グラフィックなど、これまで専門職の限られた人だけがやっていた仕事を、より多くの人がやっていく必要性が出てきます。
PCを使えないと、極々一部の限られた職業にしか就けないなんて未来がやってくるかもしれません。

プログラミングやITの基礎を子供のうちから身につけておくことで、将来の仕事の選択肢を増やしてあげられることに繋がります。

②高校や大学受験でもプログラミングの科目が導入される!

2020年には小学校でプログラミング授業が必修化され、
2021年には中学校でも技術家庭科の科目でプログラミング領域が拡大しています。
さらに高校では2022年から、これまで商業高校や工業高校で扱われていた「情報Ⅰ(ITの基礎知識やプログラミングを学習する科目)」が普通科高校でも必修化されることが決まっています。
また2024年には「大学入試共通試験」にも情報科目が追加されることが既に決まっています。

このように、デジタル社会の発展とともにこれからの時代で活躍するためにはエンジニアを目指す人だけでなく、文系理系問わず全ての子どもがプログラミングを「国語数学理科社会と同じように」学ぶ必要性があるんです!

マイクラでプログラミング学習をもっと効果的に!

プログラミングを学ぶ重要性がわかってきたところで、プログラミングを学習すると子どもたちにどのような能力が身につくかも気になりませんか?
プログラミングを学習すると様々な能力が身につくのですが、マイクラと掛け合わせることでよりプログラミング学習の効果をアップさせることが出来ます!

マイクラでプログラミングを学ぶと身につく3つの力

①創造力

マインクラフトは、目的やゴールのない「なんでもできる」ゲームです。
人それぞれの楽しみ方があり、自分で何もかも決めて遊ぶことができます。

だからこそ、「次はなにをやろう」と考えながら遊ぶ必要があります。
また、マイクラでプログラミングが出来るようになると自分が出来ることの幅がもっと広がります。

「プログラミング使えばあんなことできそう!」
「こういうことが出来るんじゃないかな...」

とマイクラの中でプログラミングを学ぶことで、学んだことを自然と活かそうとする習慣が生まれます。そのプロセスを繰り返すことで、創造力が養われます。

②問題解決能力

社会で業界問わず求められる能力のひとつが、問題解決能力ではないでしょうか。

マインクラフトは目的もゴールもないことから分かるとおり、ヒントすら存在しません。
何かゲームの中で問題に直面したら、自分自身で調べて考えて解決する必要があるのです。
そしてこの問題の多くをプログラミングを活用することで解決出来るようになることを子どもたちは自然と気づきます。

マイクラでもっと楽しく遊ぶためにはどんなプログラミングを作れば良いのか。
発見した問題をプログラミングで論理的に解決していく能力が身につきます。

③継続力

プログラミングを学んでいると、行き詰まってしまう場面も多くあります。
特に勉強感覚でプログラミングを学んでいる場合はすぐにそこで諦めてしまう子もチラホラ。

ただマイクラでプログラミングを学んでいる子は違います。
遊ぶ感覚でプログラミング学習をしているため、そもそも「諦める=ゲームを辞める」という選択肢がありません。

そのため、遊びながら試行錯誤を繰り返すことで、成功したときに大きな達成感を味わえます。失敗と試行錯誤を繰り返すマインクラフトは、成功体験を何度も味わえるので、継続して取り組む力が身につきます。


このようにただプログラミングを学ぶだけでなく、マイクラでプログラミングを学ぶことで学習をより効率的・効果的にすすめることが出来るようになります!

マイクラでプログラミング学習を始めるには?

マイクラでプログラミング学習するメリットについてお伝えしてきました。
それでは実際にマイクラでプログラミングを勉強するにはどうやって始めたらいいのでしょうか。

プログラミング学習というと難しく聞こえますが、実は普通の塾と同様にプログラミング教室を探して入会するだけで学習が始められます。

ただ、そこで問題なのがマイクラでのプログラミング学習が出来るスクールが少ないこと。

プログラミングの子ども向けスクールは、近年増えては来たもののマイクラでプログラミングが学べるスクールは多くはありません。
居住エリアによっては、隣の市や県まで車で送り迎えしなければならないでしょう。

しかし、オンラインでマイクラのプログラミングを学べる環境が整っていれば、わざわざ遠方まで通わせることなく、全国どこにいても同じカリキュラムを受講することが可能です。
プログラミングを学ばせたいけれど、近くに通わせるところはないし、毎回送り迎えする時間の余裕もない、という親御さんもオンラインでの自宅学習なら安心して学ばせられます。
また、自分の好きな時間に好きな場所で学習を進めることができるため、自分のペースに合わせて少しずつ進めたり、やる気のみなぎる日はどんどん進めることもできます。

オンラインで学習をすることで時間と場所に縛られず、移動に余計な時間や体力を費やすこともありません!

オンラインでマイクラのプログラミングを学べるサービスをご紹介!

オンラインでマイクラのプログラミングを学べるサービスは、たくさんありますがどれが良いのか選ぶのも一苦労・・・。
そこでここでは、オススメのスクールを1つ紹介します!

D-SCHOOL オンライン

全国に120校以上を展開するプログラミング教室のオンラインコースです。
サイトにログインするだけで全てのカリキュラムを動画で勉強できることが大きな特徴です。
わかりやすく楽しい動画なので、保護者の方がずっと横についてサポートしてあげる必要がないのも助かるポイントです。

また、D-SCHOOLオリジナルのプログラミング教材『マイクラッチ』は、D-SCHOOLの現役エンジニアが独自に開発しています。
もともとD-SCHOOLは子ども向けに特化したプログラミングスクールのため、他のマイクラ教材と比べて、初めてプログラミングをするお子さんにもわかりやすく作られています。

またwindowsやmacのパソコンがあれば、今日からでも難しいセッティングは必要なくすぐに学習を進められますよ。

学習内容は?

D-SCHOOLにはマイクラのプログラミングコースが2つもあります。

①マイクラッチJr コース

マイクラッチJrコースは小学校低学年が対象のコースです。
マインクラフトの世界で、四則演算や座標といった算数の知識を学び、クイズやアトラクションゲームを制作します。ブロックを思い通りの場所に置くためにはどうすればよいかを学習をしながら、論理的に考える力を養っていけるコースです。

②マイクラッチコース

マイクラッチコースは小学校中学年〜が対象のコースです。
マインクラフトの中で遊べる本格的なゲームを制作します。足場を飛びうつりながらゴールを目指すアトラクションゲームや、爆弾を掘らないように鉱石を集めるTNTマイニングなど、お子様の興味やレベルに合わせて制作ゲームを選ぶことができます。マインクラフトやプログラミングが初めてのお子様でも楽しめるコースです。

質問やサポート内容は充実している?5つのポイントをご紹介。

D-SCHOOLオンラインは動画教材以外にもたくさんのサポートがあります。
ココではサポート内容の一部を紹介します!

①質問し放題

メールやチャット、LIVE授業でのリアルタイム質問など、直接質問できるポイントがたくさんあります。
保護者の方がプログラミングに詳しくなくても、スクールに直接質問出来るサービスがあるのは安心ですね。

②LIVE配信授業・学習応援タイム

月に複数回以上、オンラインでLIVE授業を受けたり先生に直接質問が出来る時間があります。作った作品を見てもらったり、オンラインで共に学んでいる仲間が作った作品を見たりなど。
オンライン教材でありながらも、「繋がり」が充実していることも大きな特徴です。

③毎年コンテストが開催!

毎年夏休みにオンラインでプログラミングコンテストが開催されています!
コンテストに向けて日頃の学習の成果を発揮して、入賞を目指しましょう!豪華景品も多数用意されています。
毎年、お題を考えるのに悩む夏休みの自由研究や課題にも使えますよ。

④ジュニアプログラミング検定対策

近年注目が高まってきている「ジュニアプログラミング検定」。
e-learning研究所の2020年の調査によると保護者が子どもに取得させたい検定ランキングで実用英語検定の次にランクインしています。
取得すると受験でも優遇されたり、子どものモチベーションアップに繋がったり、プログラミングが身についたか確かめられたり活用方法はさまざまです!
そんな「ジュニアプログラミング検定」の対策教材もご提供しています。

⑤個別指導 ※オプション

「オンラインの学習だと子どもが集中してできるか不安・・・」そんな方でも大丈夫!
D-SCHOOLオンラインには、現役のエンジニアや情報学部の学生などが多く在籍していてマンツーマンでの指導も受けられます!

料金やカリキュラムのボリュームは?

気になる料金はどちらのコースも月額3,980円(税込)!
また年額払いをすると月額2,985円(税込)で、なんと月額3,000円(税込)以下で受講ができます!

目安の学習ボリュームは、
マイクラッチJrコースが約1年間、マイクラッチコースが約2年間と長く楽しく学習できる設計になっています。

また、なんと登録から14日間は無料で体験ができちゃいます!
子どものプログラミング学習に少しでも興味がある方は、これを機にまずは無料で体験してみてはどうでしょうか。

今すぐ14日間無料体験をする!

実際にマインクラフトをしている小学生の体験談を聞いてみよう!

大人目線でメリットを並べ立てても、肝心の子どもたちが興味を持たなければ、どんな学習も長続きしないでしょう。
この項目では、実際にD-SCHOOLでマインクラフトを通してプログラミングを学んでいる子どもたちのリアルな声をご紹介します。

「マイクラでこんなことを楽しく学んでいるみたいだよ」と、
子どもの興味を引き出すネタとしても活用してみてください。

マイクラッチコースを初めて約3ヶ月の諒くん親子に、オンラインコースでの学習についてお話を伺いました!

諒くん 小学2年生
Q.オンラインコースは楽しんで取り組めていますか?

A.とても楽しくて、いろんな課題に挑戦するのが特に楽しいです!

Q.どのあたりが楽しいですか?

A.いろんなプログラミングができることです。

Q.動画を見ながら進めるのはどうですか?

A.丁寧でとてもわかりやすいです!動画を繰り返し見ながら進めています。

Q.お父さんお母さんと一緒にやっていますか? サポートなしでやっていますか?

A.プログラミングは自分でやっていますが、パソコンの操作でわからないことがあればお母さんに聞くこともあります。

Q.わからないことがあったときはどうしていますか?

A.先生のプログラムを1回紙に書いて、それを確認しながらやっています。

Q.もっとこんなことやってみたいなどありますか?

A.もっとたくさんのものをマイクラッチコースの中で作ってみたいです!

お子様が初めてオンラインコースを受講しているお母様の声です。
始めるきっかけ、やってみての実感、お子様の様子などいろいろと伺いました!

保護者様の感想

マインクラフトでプログラミングを学習するのは、うちの子もきっと好きになるだろうと思いました。
マインクラフトとの出会いはネットニュースで子供に人気だと紹介されていたのがきっかけです。子供に紹介する前に親の私が体験版を触り、うちの子もきっと好きになるだろうと思い購入しました。

パソコン版を選択したのは操作も覚えてほしいと思ったからです。
英語教室でパソコンを使った学習もやっているのですぐに操作は慣れました。

書店でマインクラフトを使ってプログラミングをする本を購入してみたのですが、本だとプログラミング自体がどういうものか分かっていないと内容を全て把握するのは難しく思えました。

プログラミング的な考え方は、学校生活や日常生活でもとても大事。
考える力がつけば、困難なことにぶつかっても自分で解決できると信じています。

プログラミングは考えて組み立てて実行という作業をしますが、考えて行動することは学校生活や日常生活においても大事だと思います。考える力が鍛えられれば困難な出来事に出くわしたとしても、自分なりの方法で解決できると信じております。

ゲーム=悪ではなく、友達のような存在、味方であればいいなと思っています。
勉強は楽しくやれるともっと知りたくなると思います。そのきっかけにゲームがあるのなら、私は取り入れたいです。

動画を見ながら楽しく学習できるスタイルは、堅苦しくなくてとても良いと思います。うなりながらも楽しそうにやっています(笑)

このオンラインコース(D-SCHOOLオンライン)の学習が良いなと思ったのは楽しく学習できるからです。楽しく考えながら何かを完成させるというのは学校の授業ではなかなか取り入れてもらえないのではないでしょうか。

時間の決まったレッスンだと、わからないなと思った時、時間が来てしまいおしまいになってしまいますが、オンラインは関係なく突き詰められる。なんでかな?こうしたらどうかな?とあれこれやれる良さがあります。

YouTubeを視聴する感覚で楽しく学習できるスタイルは、堅苦しくなく今の子供たちにとても合っている感じがしますしすんなりと入り込めているようです。全てにおいて初めてのことだらけなのに、前向きに完成までじっくりと考えながらやってくれます。

もちろん、親の管理は大事だと思います。教室に通わない分、自分のペースでしかも安価にできるのが良いですね。

オンラインコースは、親の管理も大切だと思います。子供が課題をやっているときにそっとのぞき見するのですが、うなりながらも楽しそうに動画を見てコードを組み立てしている姿を見るとやらせてよかったなと思います。

マイクラのプログラミング教室はほとんどありませんし、そういった中で安価にオンライン受講できるというのはありがたいです。隙間時間を見つけて動画の一区切りだけを見て課題を進めたりなど自分のペースでやれるのも魅力的です。

マイクラッチコース受講中の髙橋俊佑くん親子にお話を伺いました!

髙橋俊佑くん 小学4年生
Q.オンラインコースは楽しんで取り組めていますか?

A.はい、楽しんでいます。このコースを始める前に、韓国語でスクラッチやロボットコーディングを1年半ほど学んでいたこともあり、スムーズに入っていけました。

Q.どのあたりが楽しいですか?

A.今まで知らなかったスクラッチの定義ブロックを使えるようになって、プログラミングの実力もあがったと思います。スクラッチでもゲーム作りをしていましたが、ゲームでゲームを作ることができるので楽しくてしょうがないです。マインクラフトのゲームでできないことがマイクラッチで実行できるのも魅力の一つです。

Q.動画を見ながら進めるのはどうですか?

A.丁寧でとてもわかりやすいです!動画を繰り返し見ながら進めています。

Q.お父さんお母さんと一緒にやっていますか? サポートなしでやっていますか?

A.プログラミングは自分でやっていますが、パソコンの操作でわからないことがあればお母さんに聞くこともあります。

Q.わからないことがあったときはどうしていますか?

A.先生のプログラムを1回紙に書いて、それを確認しながらやっています。

Q.もっとこんなことやってみたいなどありますか?

A.もっとたくさんのものをマイクラッチコースの中で作ってみたいです!

始めるきっかけ、やってみての感想など保護者様にいろいろと伺いました!

保護者様の感想

マインクラフトでプログラミングを学習するのは、うちの子もきっと好きになるだろうと思いました。
マインクラフトとの出会いはネットニュースで子供に人気だと紹介されていたのがきっかけです。子供に紹介する前に親の私が体験版を触り、うちの子もきっと好きになるだろうと思い購入しました。

場所を選ばすできる環境を探していました

現在ソウルに在住のため、日本語の環境でコーディングを学べる機会を探していたところ、オンラインコースがあることを知りました。
オンラインであれば、日本にいなくても日本語の環境にアクセスできる点がマッチしました。

アジア規模のコンテストや年額プランが魅力に感じました

元々は、第4次産業にむけて必要とされるコーディング教育のために、スクラッチを始めました。使用方法などを一通り学んだ後、スクラッチを使って何をするのかという目的を探していたところ、アジアコンテストなどを開催しているこちらのコースに魅力を感じました。
また、意欲がある分どんどん次のミッションに行きたいだろうと思い、年額プランにしました。長期の休みに集中してやることで、目標達成感と共に時間を有効に使うことができました。

マイクラッチを始めて、親子関係や時間管理にも影響が見られました

マイクラッチの内容については父親と話をする事が多く、父子の絆が深まりました。また平日にマイクラッチをする約束事の一つに、学校の宿題や、やるべきことが全て終わってからという設定をすることで、宿題に取り組む姿勢が明らかによくなりました。週末は本人が時間配分をしながら自由に取り組んでいます。

英語によるプログラミング指導にも期待

息子本人は、マイクラッチの上位コースがあればやってみたいと興味を持っていますが、私たちとしては、英語でのマンツーマン指導があればなお理想的だと考えています。英語塾にも通っているのですが、スピーキングの中でも特に自分の意見を話す点において、プログラミングを通すことで、少々分からなくても夢中になって取り組むのではないかと思います。

夢に向かって突き進む機会を得ることがきました

プログラミング学習により、論理的に考える事ができるようになりましたし、問題解決のために、自分の論理を順序立てて組み立てる方法が少しずつ分かるようになってきたかと思います。
ゲームをコンセプトに合わせて完成させることに、子供が夢中になっている姿を間のあたりにし、夢に向かって突き進む機会の一つを得ることができたと考えています。

今すぐ14日間無料体験をする!

マインクラフトのプログラミングを学ぶとどんな作品が作れるの?

マインクラフトは建物を複数作って巨大都市を作る他、装置を作ってミニゲームも楽しめます。
ここでは、D-SCHOOLで学んでいる子どもたちが実際に制作した作品の一部をご紹介します。

【小学2年生】諒くんの作品

諒くんが手掛けた作品は、スロット装置によるミニゲームです。

スロットの3つのレバーを倒し、同じブロックや格子が3つ揃えば大当たり!というシンプルなものですが、小学2年生の作品と考えると、レベルの高さがうかがえます。

装置を建設する能力の他、スロット部分を変化させたり、当たりとはずれを認識するプログラムを挿入したりと、複数の技術や能力が活用されています。
2つ揃うと、キャラクターが「リーチ!」と叫んでくれる、盛り上げる要素があるのも面白いですね。
ぜひ、動画で諒くんの手がけたスロットの、完成度の高さをご覧ください。

【小学6年生】こうなさんの作品

こうなさんの作品は、一見するとシンプルな建物のように見えますが、こまかな部分に工夫の感じられる作品です。

屋根付きのダイヤモンドブリッジは、天候に変化のあるマインクラフトの世界をより一層楽しませてくれます。また、屋根だけではなく、ブリッジの下を覗くと水が流れているのもポイントです。

グラフィックに変化を持たせることで、まるで水が流れているかのように動きをつけています。
単に設置するのではない、気づいた人だけが楽しめるギミックは、ちょっとしたサプライズ的な要素を作品に加えました。
動画では上空からとブリッジの上からの2つの視点で、ブリッジ下の水が流れる様子を見ることができます。ぜひご覧ください。

【最後に】子どもにマインクラフトをさせる際の注意点って?

「メリットがあると言っても、やっぱりゲームはゲームでしょう?」と心配な声もあるでしょう。正直なところ、マインクラフトが楽しくプログラミングを学べるツールである以上、保護者の方に注意していただかなければならない点も存在します。

マインクラフトのメリットでもある、決められたゴールや目的が存在しないという特徴は、一種の中毒性を生み出してしまうデメリットも無視できません。保護者の方ができるのは、マインクラフトをプレイする時間を、あらかじめ子どもと決めておくことです。

決められた時間内でプレイすることは、子どもたちにとって時間内に目的を達成する『ミッション』にもなり、論理的思考を育成する手助けにもなるでしょう。

注意したいのが、子どもがどっぷりハマっていく様子に不安を覚えて、ついつい介入してしまうこと。親の必要以上の介入は、子どもにとってやる気を削ぐ最大のマイナスポイントです。

子どもの能力を、のびのび育てることが大切です。必要以上に介入せず、好きなように遊ばせて、学ばせてあげてください。

ただし、メディアリテラシーなど未熟な面はどうしても出てきます。親子でしっかりとインターネットの仕組みについて話し合い、個人情報をうっかり流出させてしまわないよう、注意を促すことは忘れないようにしましょう。

まとめ

マインクラフトでのプログラミング学習についてご紹介してきました。
自分でゼロからすべてを生み出す力やどうすれば完成できるのかを考えられる問題解決能力など、将来必要となってくる力がたくさんつくことがわかりました。

今後、日本でも必修科目となるプログラミング。
D-SCHOOLオンラインで楽しみながら色んな力をつけていってくださいね。

今すぐ14日間無料体験をする!