無料体験会
参加
ライセンス
提携
デジタルキャンプ

BLOG

中3対象、学力テスト英語「聞く」「話す」実施!!

みなさんこんにちは、D-SCHOOLです!以前、文部科学省が原則として全ての中高生を対象とした新しい英語テストの導入を検討していると記事を書かせていただきました。「読む」「書く」に加えて、新たに「聞く」「話す」が盛りこまれるこの新英語テストですが、お子さんをお持ちの親御さんにとっては気になる内容かと思います。さて、そんな新しい英語テストについてですが、5月11日に気になる新聞記事がございました。

関連リンク 朝日新聞 

英語の「読む・聞く・書く・話す」の4技能をみるため、中学3年全員を対象に2019年度から3年に1回程度行うことを検討している新テストについて、文部科学省の専門家会議は、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の中で実施する案を10日に示しました。「聞く」テストに関しては教室でDVDの音声を流して答えさせ、「話す」テストに関しては、教員と約10分の対面式で力を判断するようです。また、「読む・書く・聞く」の筆記は45分間で、回答は選択式のマークシートと記述式の両方とするよう提案されています。この内容が実現すれば学力調査が複数日にまたがることにもなりそうです。

「聞く」「話す」が追加されたテストが3年に1回の実施と聞いて少ないのでは?と思った方や、教師によっては発音、スピーキング能力に差があり、点数や評価に影響があるのでのはと思った方もいるかもしれません。月内にも最終案をまとめる方針のようですので、新たな情報を入手次第、お伝えしたいと思います。

英語もプログラミングも21世紀を生き抜くためには必須の教養と言われており、2020年以降のプログラミングの必修化も決定いたしました!!! D-SCHOOL では、これからも最新の情報をお届けしてまいりますので、お時間ある際にご一読下さいませ!

  • SHARE